だれでも、一人でも入れる産業別労働組合のサイトです

誰でも一人で入れる組合です。退職勧奨・強要やパワハラなどお困りのことがあれば、一人で悩まずに、気軽に相談下さい。管理職の方も相談に乗ります。
労働相談は<こちら>です。

4月28日~5月6日まで事務所はお休みです。

連絡先 TEL 03-6421-5323   FAX 03-6421-5324 メール:<denkiunion@gmail.com>

電機情報ユニオンについては、<こちら>をご覧ください。

加入申し込みは<こちら>です。  

春闘アンケート・電機産業政策リーフレットアンケートに協力お願いします

 

◆◆◆  2018年春闘 生活改善要求アンケート  ◆◆◆

 今年は終了しました。 → <こちら>

◆◆◆  電機産業政策リーフレットアンケート  ◆◆◆

 政策リーフレット → <こちら> A3版

 アンケート → <こちら>

リストラアンケート協力お願いします

リストラアンケートにご協力お願いします。 

 

リストラアンケート → <こちら

新着情報(更新日:2018年4月27日)

2018年6月2日(土)新書学習会の開催をを掲載

6月2日(土)に新書学習会を開催しました。

2018年4月24日(火)第4回NECディスプレイソリューションズ団交を掲載

4月24日(火)に第4回NECディスプレイソリューションズ団交を行いました。

2018年3月31日(土)日立リストラかながわ対策会議「第3回総会」を掲載

3月31日(土)に第3回総会を開催しました。

2018年3月30日(金)厚労省レクチャーを掲載

3月30日(金)参院議員会館で厚労省レクチャーを行いました。

2018年3月26日(月)第4回省庁交渉を掲載

3月26日(月)第4回省庁交渉を全労連・東京地評と共同して行いました。

2018年3月26日(月)経産省前でのお昼休み宣伝行動を掲載

3月26日(月)経産省前でのお昼休み宣伝を全労連・東京地評と共同で行いました。

2018年3月29日(木)NECネクサソリューションズと春闘要求で団体交渉を行うを掲載

3月29日(木)NECネクサソリューションズとAさん、Bさんの春闘要求で団体交渉を行いました。

2018年3月29日(木)ルネサス株主総会で宣伝行動を行うを掲載

3月29日(木)ルネサス株主総会の会場前(豊洲)で宣伝行動を行いました。

ユニオン行動写真

      新書学習会を開催

 電機労働者懇談会と電機・情報ユニオンは6月2日(土)、二つの新書(電機産業政策提言冊子、戦後日本の労使関係)を学ぶ学習会を大井第三区民集会所(東京都)で開催しました。

 学習会では、電機産業政策提言冊子を監修した電機懇事務局次長と、戦後日本の労使関係の著者の藤田実桜美林大学教授が講演を行いました。

 

ECディスプレイソリューションズは

   Aさんの復職をただちに行え!

  ECディスプレイソリューションズ(NECDS)は、Aさんの復職をただちに行え。電機・情報ユニオン、西湘労連、共産党西相地区委員会・港地区委員会は5月28日(月)、NECDS本社(港区)と湘南テクニカルセンター(神奈川県足柄上郡)で宣伝行動を行いました。

 横断幕「NECは3000人黒字リストラを撤回せよNECディスプレイソリューションズはセクハラ、拉致を謝罪し、復職をただちに行え!」は注目を集め、本社地区では、最高枚数のビラを手渡しました。 

  ECディスプレイソリューションズ

      第4回団体交渉を行なう   

月24日(火)、東京都内の会議室でECディスプレイソリューションズ㈱に対して、Aさんに対するセクハラ・パワハラへの謝罪、復職の履行を求める第4回団体交渉を行いました。団体交渉には、Aさん、米田徳治中央執行委員長ら8人が参加しました。

 

日立CM上野ビルで

 

日立懇全社ビラとリストラアンケート配布

 

 

 

4月27日(金)7時45分から日立懇のぼりを掲げ、日立CM上野ビルに出勤する労働者に「日立懇全社ビラ4・5月号」と「日立リストラアンケート」(封筒付)をセットして日立懇と電機・情報ユニオンの4人で120セットを手渡すことが出来ました。初めての宣伝行動でしたが「日立懇全社ビラ」を手渡していますと伝えると受け取りが良かったです。

 

 

ルネサス武蔵事業所で

職場新聞「むさしNet」を配布

 

 4月18日(水)17時30分からルネサス武蔵事業所で退勤する労働者に、3月29日に開催された株主総会の内容を中心に掲載している職場新聞「むさしNet164号」をルネサス懇と電機・情報ユニオンがJCP小平市委員会・市議団・小平地区労・民主団体の支援を得て、4カ所に9人が参加して445枚を手渡すことが出来ました。米田委員長は、JR国分寺駅に向かう「東門」前(写真)で「5人の役員報酬を現行の5億円から20億円に上限とする議案に対して、社員への7・5%賃金を削減した状態であるなどでの導入に反対」「米沢労基署が労災を認定した38歳の男性の長時間過密労働での“過労死”となった問題を告発」などと訴えました。

 

 

 

日立愛宕別館で

 日立懇全社ビラとリストラアンケート配布

 

 4月13日(金)日立愛宕別館に出勤する労働者に「日立懇全社ビラ4・5月号」と「日立リストラアンケート」(封筒付)をセットして電機・情報ユニオンが5人で350セットを手渡すことが出来ました。18春闘統一ビラに続いてリストラアンケートでも関心の高さが伺えました。

 

 日立リストラかながわ対策会議

第3回総会に37人が出席

 

3月31日()15時30分から、戸塚区民センター多目的ホールで開催された「日立リストラかながわ対策会議」第3回総会に37人が参加して開催されました。対策会議結成以来、小田原と戸塚事業所閉鎖から門前ビラを続け今日迄26号発行し、9カ所で561人の参加で1万8054枚手渡せた。今後ともリストラ闘争を展開する事を意思統一しました。

 

 

企業の合併に伴う雇用継続と

配転で指導を

 

3月30日()、電機・情報ユニオンは、企業の合併にともなう雇用継承にかかわる厚労省指針や分社化による新会社への転籍に同意しなかったことを理由にした転勤などに関わって、参院議員会館で厚労省の担当者に聞きとりするとともに、指導の強化を要請しました。

 

 

 

厚労省・経産省・外務省に要請する

 

3月26日(月)13時30分から電機・情報ユニオンは、参院議員会館で電機産業の大リストラから雇用と地域経済を守るよう厚労省と経産省、外務省に要請し、日本共産党の高橋千鶴子衆院議員と岩渕友参院議員が同席しました。

 

 

 

 

経産省前での昼休み宣伝行動

 

3月26日(月)12時25分から「経産省前でのお昼休み宣伝行動」を開催し、司会は谷口利男副委員長が行いました。最初に電機・情報ユニオンの米田徳治委員長(上写真の左)、次に東京地評の荻原淳議長(右上の写真)、最後に全労連の野村副議長(右下の写真)がそれぞれ訴えました。

 

 

 

NECネクサソリューションズと

 

春闘要求で団体交渉を行なう 

 

 

3月29日(木)、東京都内の会議室でNECネクサソリューションズ㈱に対して、AさんとBさんの18年春闘要求の団体交渉をAさん、Bさん、米田徳治中央執行委員長ら6人で行いました。

 

ルネサス第16期

定時株主総会で宣伝行動

 

 3月29日(木)8時40分~9時55分まで、ルネサス第16期定時株主総会に向けて、ルネサス労働者懇談会と電機・情報ユニオンが共同して、ルネサス懇ビラ第38号と電機産業政策提言リーフレットを8人で150セット手渡す事が出来、受取った個人株主から質問を受けました。

 

NEC通信システムと

春闘要求で団体交渉

 

3月22日(木)、東京都内の会議室でNEC通信システム㈱に対して、Aさんの18年春闘要求の団体交渉をAさん、米田徳治中央執行委員長ら5人で行いました。

 

 

NECネッツエスアイで

「18春闘統一ビラ配布」

 

3月13日(火)7時30分から9時迄、飯田橋駅近くのNECネッツエスアイに出勤する労働者に「18春闘統一ビラ」と「ELICNEC」2月号をセットしてNEC懇、電機・情報ユニオンが4人で195セットを手渡すことが出来ました。「NECの3000人リストラ反対」、「スタッフ減らすな」と声をかけてビラを差し出すと受取る人も多く、一端通り過ぎてから、わざわざ戻って来てビラを持って行く労働者もいて、リストラへの関心の高さが伺えました。

 

日立超L立川で「18春闘ビラ配布」

 

3月13日(火)7時35分から8時50分、日立超L立川(立川市)の入居しているビル前で、電機・情報ユニオン東京と東京電機懇は共同して「18春闘統一ビラ」と「日立懇全社ビラ」をセットし、10名の参加で198枚を手渡すことが出来ました。この宣伝行動には、日立超L分会が加盟している立川労連から議長を先頭に5人の支援参加を頂きました。正面玄関前では、電機・情報ユニオン米田委員長の携帯ハンドマイクで「日立の人権侵害リストラのひどい実態を告発し、昨年実施した18春闘アンケート集計結果の内容を紹介しながら、大幅賃上げを要求し生活を守ろう」と訴えました。

 

 

JR北八王子駅で

8春闘統一ビラ配布

 

 3月12日(月)電機・情報ユニオンは、オリンパス、カシオ、コニカミノルタなど電機情報関係の会社が集中している北八王子駅で、17時30分から18時30分まで通勤帰りの労働者に、「18春闘統一ビラ」配布の宣伝行動を行いました。この宣伝には八王子労連と地域の支援者を合せ17人が参加しました。宣伝カーからは、電機・情報ユニオンの米田委員長、八王子労連労働相談センター所長の伊澤明さんと事務局長の中村映子さんが「労働現場の厳しい実態を報告し、共に春闘を勝ち抜きましょう」と訴えました。森友学園・公文書改ざん、裁量労働制に対するデタラメな資料提出など政治の腐敗を含めた訴えには、多くの共感が寄せられビラの受け取りは非常に良く、160枚を手渡せました。 

 

三菱電機本社で「18春闘統一ビラ配布」

 

3月12日(月)7時45分から9時迄、強風と底冷えする中、三菱電機本社前2か所で6人が参加して「18春闘統一ビラ」と三菱名古屋の派遣切り争議ビラ・パワハラアンケートと返信封筒をセットして118枚手渡す事が出来ました。出勤する人達は、東京駅から地下で通じる通路をほとんどが利用し、外の歩道を通勤する人が少ない状況でしたが、東京電機懇と電機・情報ユニオンの「のぼり」3本掲げ、「おはようございます。春闘アンケート回答結果と三菱電機ビラを配布しています」と呼び掛けると手を出して受け取る人も多い状況でした。

 

 

三菱電機中部支社で「18春闘統一ビラ配布」

 

3月12日(月)8時~9時、三菱電機中部支社前で春闘統一ビラと三菱職場ビラをセットして配布しました。3人で33セット手渡しました。JR名古屋駅正面の向かい側にあるビルの中に三菱電機中部支社があります。交差点を渡ってくる通勤者に「おはようございます。電機・情報ユニオンです」と声をかけながら手渡しました。ときおり、ビルの前の地上からガラス越しに地下をみると、やはり地上より大変多くの労働者が入っていきます。

 

日立アプライアンス青梅で

18春闘統一ビラ配布

 

 3月8日(木)電機労働者懇談会と電機・情報ユニオンは共同で7時30分から8時30分まで、日立アプライアンス青梅門前で「18春闘統一ビラ」と「日立懇全社ビラ」をセットにして配布を行いました。冷たい雨が降る中での行動に3人が参加し、門前に電機・情報ユニオンのぼりを掲げ、「18春闘のビラです」と声をかけ67セットのビラを手渡ししました。

 

 

 

 

日立国際電気・東京事業所で

18春闘統一ビラ配布

 

 3月7日(水)電機労働者懇談会と電機・情報ユニオンは共同で17時から18時まで、日立国際電気・東京事業所門前で「18春闘統一ビラ」と「日立懇全社ビラ」をセットにして配布・宣伝を行いました。この行動には5人が参加し、門前に東京電機懇の旗を掲げ、「春闘アンケート結果の報告です」、「春闘を共に頑張りましょう」と声を掛けながら224セットのビラを手渡しました。再雇用で働く労働者から、「春闘といっても60歳以降全く賃上げがない」と不満の声が寄せられ対話になりました。

 

 

NECは

3000人リストラを撤回せよ!

 

 NEC関連労働者懇談会と電機・情報ユニオンは3月5日(月)、NEC玉川事業場の4つの門前でELICNEC3月号「NECは3000人リストラを撤回せよ」と18年春闘統一ビラをセットにして配布しました。行動には14人が参加し、元気よく配布しました。電機・情報ユニオンの森英一書記長と日本共産党の君嶋ちか子県会議員がハンドマイクを握り、「18春闘で賃上げや労働条件を向上させよう」「経営責任を放棄した身勝手な3000人リストラ策を撤回させよう」「安倍働かせ改悪案は撤回させよう」と訴えました。横断幕「NECは3000人黒字リストラを撤回せよ!組合員へのセクハラ、拉致、退職強要を謝罪せよ!降給降格、低賃金を是正せよ!復職をただちに行え!」は多くの人たちから注目を集め、最近では最高枚数を手渡すことができました。

 

 

18春闘を元気にたたかう

金属労働者の東日本集会 

 

3月3日(土)13時から「上野公園」野外水上音楽堂で「18春闘を元気にたたかう金属労働者の東日本集会」が1100人の参加で開催されました。電機労働者懇談会と電機・情報ユニオンは参加して、春闘アピールの場面で登壇し、NECの理不尽な3000人リストラとの闘いを訴え、終了後のデモ行進でも横断幕とのぼりを掲げて訴えました。

 

パナソニックと富士通本社前で

「18春闘統一ビラ配布」

 

 3月5日(月)7時50分から9時まで、JR新橋駅からのパナソニック汐留ビル前と富士通本社ビル前の2カ所で出勤する労働者に「18春闘統一ビラ」を東京電機懇と電機・情報ユニオン東京の7人が参加して206枚を手渡すことが出来ました。宣伝行動では、東京電機懇と電機・情報ユニオンのぼりを掲げ、米田委員長が携帯ハンドで出勤する労働者に「皆さんから頂いた春闘アンケートの集計結果を載せた春闘ビラを読んでください」と訴えると、手を差し出して受け取る労働者もおり、昨年と同等の受取りでした。

 

東芝半Cで

「18春闘統一ビラ配布」

 

3月2日(金)7時40分から9時まで7人で行い260枚の配布でした。宣伝場所は、川崎駅西口北方面ビル群の人達が通過するポイントです。東芝デバイス&ストレージ社の半導体システム技術センタービル。ソリッドスクエア西・東ビル、興和西口ビル等です。東芝グループでは、東芝デバイス、東芝マイクロエレクトロニクス、東芝産業機器システム、東芝デベロップメントエンジニアリング等があります。

 

 

 

JR豊田駅「北口」で

「18春闘統一ビラ配布」

 

3月1日(木)17時30分から18時20分迄、JR豊田駅「北口」で通勤帰り労働者向けに「18春闘統一ビラ」を東京電機懇、電機・情報ユニオンの6人で81枚を手渡すことが出来ました。宣伝活動では、電機・情報ユニオン米田委員長が携帯ハンドで訴えました。

 

 

ルネサス本社向けに

「18春闘統一ビラ配布」

 

3月1日(木)7時50分から9時迄、地下鉄豊州駅の出口でルネサス本社に出勤する労働者向けに「18春闘統一ビラ」をルネサス懇、東京電機懇、電機・情報ユニオンの7人で224枚を手渡すことが出来ました。この駅は、宣伝活動開始前から9時過ぎても多くの通勤者がありますが、手をだして受け取る人がおられました。

 

NECソリューションイノベータで 

「18春闘統一ビラ配布」

 

 2月28日(水)7時45分から9時迄、新木場のNECソリューションイノベータに出勤する労働者に「18春闘統一ビラ」と「ELICNEC」2月号をセットして東京電機懇、電機・情報ユニオン、江東区労連の支援を得て5人で276セットを手渡すことが出来ました。「NECの3000人リストラ反対」と声をかけてビラを差し出すと受取る人も多く、信号待ちで横断幕や看板を見ている労働者が目立ち、リストラへの関心の高さが伺えました。 

 

 ルネサス高崎事業所で

「18春闘統一ビラ配布」

 

 2月28日(水)退勤時間帯に、ルネサス高崎事業所の18春闘統一ビラ配布を行いました。準備した200枚を巻ききりました。群馬県労会議、国民救援会、沖電気の職場を明るくする会、電機・情報ユニオン群馬支部の6人が取り組みました。3人がハンドマイクで訴えました。ほとんどの人が受け取ってくれました。全体として人数は少なくなっています。今まで1台だった高崎駅への送迎バスが2台満員で出て行きました。遠距離配転できている人たちだと思います。後日、高崎駅でバスを迎えて配布します。

 

 

 

 

パナソニック労働者向けに

「18春闘統一ビラ配布」

 

 2月27日(火)8時~9時、京橋OBP歩道橋でパナソニック労働者向けに「18春闘統一ビラ」を330枚配布しました。参加は、電機・情報ユニオン大阪支部、パナソニック革新懇、日立エレベータ支部から10名でした。

 

 

日立大森別館で

「18春闘ビラ配布」

 

2月27日(火)7時55分から8時45分まで、JR大森駅北口と東口からの日立大森別館の3か所で出入りする労働者に「18春闘統一ビラ」と「日立懇2-3月ビラ」をセットして、品川春闘共闘の支援を含めて、電機・情報ユニオン、電機労働者懇談会、日立関連労働者懇談会の9人が参加して用意した250セットを早めに手渡す事が出来ました。宣伝行動では、電機懇と日立懇のぼりを掲げ「18春闘ビラを配布しています」と声掛けすると、手を差し出して受け取る人もありました。 

 

 

 

 

日立中部支社前で

「18春闘統一ビラ配布」

 

2月26日(月) 8時~9時、日立中部支社前で日立懇と電機・情報ユニオン愛知支部から4人が参加して、「18春闘統一ビラ」と職場新聞「日立懇全社ビラ」2月・3月の225号をセットして、60枚を手渡しました。ビルの入り口で配っていたら、守衛が「日立のビラかね?」と、言いながらやってきました。「そうですよ」と、ビラを渡しました。

 

 

 

 

東芝デジタルソリューションズで「18春闘統一ビラ配布」

 

2月26日(月)7時30分から8時40分、JR南武線分倍河原駅前にある東芝デジタルソリューションズ・分倍河原に出勤する労働者に対して社前で、電機・情報ユニオン東京と東京電機懇は共同して「17春闘統一ビラ」と「東芝の会ビラ」を7名の参加で290セットを手渡すことが出来ました。宣伝行動では「東芝の会」とユニオンのノボリを掲げ、ユニオン米田徳治委員長が携帯ハンドで「東芝は出向や退職勧奨の面接強要をやめよ」「パワハラ面談を中止せよ」と訴え、宣伝参加者から「お早うございます。東芝の職場を明るくする会のチラシをお渡ししています」と声かけすると手を出す労働者が多くいました。

 

 

 

 

 

三菱電機名古屋で

「18春闘統一ビラ配布」

 

2月23日(金)17時から18時、三菱電機名古屋に向けてJR、地下鉄、名鉄の駅がある広場前で新規制作した横断幕を掲げ、5人が参加して30枚のビラを手渡せました。退勤する労働者が続々と信号を渡ってくるところで配り、「なんだろう?」と見ていく人がけっこうありました。ビラはいつもより多めに用意しましたが、受け取りがよくなくて残念でした。

 

 

 

 

日立IEで「18春闘統一ビラ配布」

 

2月23日(金)7時40分から8時30分、日立IEに「18春闘統一ビラ」と「日立懇全社ビラ」2・3月号を4人で130セット手渡せました。今回も門の中にごみ箱が4個設置されていました。受け取ったビラをごみ箱に入れずに持って職場へ向かう人や、門に入る前に、サッと鞄に入れる人も何人かいました。「おはようございます」と声をかけると、「ごくろうさま」と、言葉が返ってきて、気持ちが良かったです。受け取りは7割ほどでした。

 

 

 

ルネサス武蔵で

「18春闘ビラ配布」

 

 2月21日(水)17時30分から18時15分、ルネサス武蔵事業所で「18春闘ビラ」と職場新聞「むさしNet第163号」をセットして配布し、電機・情報ユニオンと東京電機懇、小平地区労・共産党小平市議団・小平の民主団体の支援参加を頂き、4カ所の門前に13人が参加して495枚を手渡す事が出来ました。国分寺駅方面の「東門」(写真参照)で米田徳治委員長が携帯ハンドマイクで「昨年の18春闘アンケート集計結果の内容を紹介しながら、大幅賃上げと労働条件を改善させよう」、「ルネサスの処遇制度は、一時金での大幅な格差と降給や降格ができるものであり改善を求める」などと訴え、受け取りも良かったです。

 

 

 

シーバス前で「18春闘ビラ配布」

 

2月21日(水)7時50分から8時55分、JR浜松町駅からのシーバスのツインビル前で富士通FIPとシャープ東京へ出勤する労働者に対して交差点で、電機・情報ユニオン東京と東京電機懇は共同して「18春闘統一ビラ」を港区労連の支援を得て6名が参加して299枚を手渡すことが出来ました。寒い朝でしたが信号の度に交差点を多人数が一気に渡る中でソーと手を出して受け取る人、受け取ったら直ぐにポケットにしまう人など宣伝行動に関心を感じました。 

 

 

 

 NEC本社と三田国際ビルで

「18春闘統一ビラ・リストラビラ配布」

 

2月19日(月)7時30分から9時迄、NEC本社ビルと三田国際ビルに出勤する労働者に「18春闘統一ビラ」と「ELICNEC」2月号をセットして電機懇、電機・情報ユニオン、地元支援者が14人で昨年より多くの987セットを手渡すことが出来ました。1月30日にNECが「3000人リストラ」を発表した直後ということもあり、「身勝手なリストラ反対」「リストラより賃上げを」と声をかけるとさっと手を出して受け取る人も多く、NECの労働者が不安を抱えているということを感じました。

宣伝行動では、東京電機懇、電機・情報ユニオンの「のぼり」を掲げ、本社前では米田委員長が携帯ハンドマイクで、「18春闘アンケート結果の内容を紹介しながら、新野社長の突然のリストラ発表は、マスコミ報道でリストラを既成事実化するもので、NEC労組も会社のやり方を批判している」と紹介して、「社長が責任を取らずに労働者へのリストラで責任を転嫁するもので許せない、職場から声を大にして大幅な賃上げを勝ちとろう」と労働者を励ましました。

 

 

 

 

 

電機・電子・情報通信産業に

「18春闘に当たっての要請」

 

 電機・情報ユニオンは、結成以来毎年春闘時に電機・電子・情報通信産業団体に要請しています。2018春闘では、2月15日(木)に①電子情報技術産業協会(JEITA)②情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)③日本電機工業会(JEMA)④電機・電子・情報通信産業経営者連盟を訪問しました。⑤ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)には、アポの段階で都合が悪く2月16日(金)に訪問しました。訪問は電機・情報ユニオン米田徳治委員長らが行い「18春闘に当たっての要請」を書面で提出し、春闘アンケートに寄せられた職場実態を伝え、経団連が「企業行動憲章」を改定し「人権の尊重」を新に追加した事も含めて、加盟企業に対して「7項目」の内容を周知徹底して頂くようにお願いしました。

 

 

NEC中河原技術センターで

「18春闘統一ビラ配布」

 

2月16日(金) 7時30分~8時30分、NEC中河原技術センターでNEC懇・東京電機懇、電機・情報ユニオンから4人が参加して、「18春闘統一ビラ」と職場新聞「ELICNEC」2月号をセットして、昨年より多くの321枚を手渡せました。小さな看板を立ち止まって読んでいく人がいました

 

 

日立愛宕別館の「日立CM」で

「18春闘統一ビラ配布」

 

2月16日(金)7時30分から日立愛宕別館の「日立コンシューマ・マーケティング(CM)」前で出勤する人に、「18春闘ビラ」と「日立懇2-3月全社ビラ225号」をセットして、電機・情報ユニオン、電機労働者懇談会、日立関連労働者懇談会の5人が参加して、用意した350枚を8時40分に終了する事が出来ました。

 

 

日立秋葉原で「18春闘ビラ配布」

 

2月15日(木)7時45分から8時50分、JR秋葉原駅電気街口からの秋葉原ダイビル(日立製作所の電力システム社/交通システム社/インフラシステム社/デイフェンスシステム社などが入居)に出勤する労働者に「18春闘ビラ」と「日立懇2-3月全社ビラ225号」をセットして、電機・情報ユニオン、電機労働者懇談会、日立関連労働者懇談会の9人が参加して258枚を手渡す事が出来ました。宣伝行動では、日立懇と電機懇、電機・情報ユニオンのぼりを掲げ「お早うございます。18春闘ビラを配布しています」と声掛けすると、手を差し出して受け取る人もあり、電機・情報ユニオンの米田委員長が携帯ハンドマイクで「18春闘アンケートはがき集計結果の内容を紹介しながら、大幅賃上げを要求し生活を守ろう! 日立の黒字リストラと人権無視の職場実態を改善させよう」と訴えました。

 

   

 

東芝の横浜事業所で

「18春闘統一ビラ配布」

 

2月15日(水)東芝の横浜事業所宣伝を午前7時20分から8時45分まで5人行い、300枚を手渡せました。受取りはほぼ昨年11月並でしたが、全般に表情の硬さが気になりました。(845分を過ぎてもフレックスなど、出勤者は続いています) 

   

 

日立オムロン旭の正門で

「18春闘統一ビラ配布」

 

2月14日(水) 17時~18時、日立オムロン旭の正門で日立懇旭と電機・情報ユニオン愛知支部から4人が参加して、「18春闘統一ビラ」と職場新聞「日立懇全社ビラ」2月・3月の225号をセットして、300枚を手渡しました。受け取りも良く、社員の方から成木さん、黍原さん、植木さんに声をかけてくれる場面がいくつかあり、対話も弾んでいました。

   

 

NEC府中事業所場で

「18春闘統一ビラ配布」

 

2月13日(火) 7時~8時35分、NEC府中事業所の4カ所にNEC懇・東京電機懇、電機・情報ユニオンから10人が参加して、「18春闘統一ビラ」と職場新聞「ELICNEC」2月号をセットして、昨年より多くの969枚を手渡しました。電機・情報ユニオンの米田徳治委員長は、正門に向かう陸橋下(写真)携帯ハンドで「18春闘のアンケート集計結果をお知らせしています。NECでは、経営者責任を労働者へ転嫁する3000人リストラという犠牲で乗り切ろうとしている」と批判しました。

 

 

 

東芝川崎本社で

「18春闘統一ビラ配布」

 

2月13日(火)の出勤時間帯で東芝川崎本社宣伝を午前720分から840分まで行い395枚でした。参加者は、神奈川の幸地域皆さん4人、「東芝の会」7人、合計11人でした。受取りは、良好で昨年11月より約100枚増です。

 

 

東芝府中で

「18春闘統一ビラ配布」

 

 2月9日(金)7時20分から8時40分、東芝府中の労働者に対して、北府中駅と南門前、南西門前の3か所で、東芝の職場を明るくする会(東芝の会)、電機・情報ユニオン東京と東京電機懇は共同して「18春闘統一ビラ」と「東芝の会2月号ビラ」に返信封筒のリストラアンケートをセットして宣伝行動を行ない7名の参加で365セットを手渡すこと出来ました。この宣伝行動の南前では、電機・情報ユニオン米田委員長が携帯ハンドマイクで「東芝がメモリ会社の売却などで経営危機を脱したとされたとしているが、4つの会社となった結果、各社ごとにリストラ策を実施しており、リストラアンケートも一緒に手渡しているので活用願います。18春闘アンケート集計結果の内容を紹介しながら、大幅賃上げを要求し生活を守ろう」と訴えました。

 

 

 

TDSL府中で

「18春闘統一ビラ配布」

 

  2月7日(水)の出勤時間帯で東芝デジタルソリューションズ(TDSL)府中の宣伝報告です。この場所での宣伝は、初めてです。東芝府中事業所と連絡通路でつながっており、府中事業所構内からの出勤者は、半数以上のようです。(警務担当の話)その他の出社は今回の宣伝場所です。事業所の社員数は、約2000人、ここからは1000人弱の出社と思われます。始めての宣伝で、慣れていないような雰囲気を感じました。

 

 

 

リコーテクノロジーで

「18春闘統一ビラ配布」

 

  神奈川支部と神奈川電機懇は2月7日(水)、リコーテクノロジー(海老名市)の門前で、18年春闘統一ビラを配布しました。4人の行動参加者は「春闘要求アンケート結果を報告しています」「春闘がんばりましょう」と元気良く声をかけながら、208枚を手渡しました。

 

 

富士電機で

「18春闘統一ビラ配布」

 

 富士電機の門前配布は貨物門と西友門あわせて8名で2月7日(水)7時35分から9時まで行いました。前回は台風の影響で雨の中での配布でしたが今回は晴れでしたので前回より配布出来ました。前回この敷地内に入るなと干渉し、警察管を呼びました。今回、会社は最初「敷地内に入るな」と言って来ましたが、今回は気をつけたのでその後は「私達は交通の安全を守る義務がる」と言ってきました。構内は2月にある市議選挙の運動員らしき人達が立っていました。そちらの方が選挙違反ではないかと反論しました。今回の富士電機の対応は異常としか見えません。私達の宣伝を妨害しない事が市民の利益になると思いました。

 

 

 GEヘルスケアで

「18春闘統一ビラ配布」 

 

東京電機懇と電機・情報ユニオン東京支部は4人で2月6日(火)7時40分から9時まで、春闘宣伝を日野市のGEヘルス・ケア・ジャパンから始めました。昨年11月に人員整理が提案されたせいか通勤する人は前回より少ない感じでピークとなる8時30分ごろも、まばらな状況でしたが元気よく167枚配布する事が出来ました。中には御苦労さんとか声をかけてくれる人もいて私達が元気をもらう朝でもありました。

 

 

 

ECディスプレイソリューションズと第3回団体交渉を行なう

 

 月6日(火)、東京都内の会議室でECディスプレイソリューションズ㈱に対して、Aさんに対するセクハラ・パワハラへの謝罪、復職の履行を求める第3回団体交渉をAさん、米田徳治中央執行委員長ら6人で行いました。

【東芝デジタルソリューションズでリストラアンケートを手渡す】

 1月11日(木)午前7時30分から8時50分、東芝デジタルソリューションズ(TDSL)分倍河原の出勤する労働者に、東芝の職場を明るくする会(東芝の会)の1月号職場ビラとリストラアンケート(封筒付)をセットして、電機・情報ユニオン東京支部と東京電機懇から5人、東芝の会から6人の11人で宣伝を行い285枚手渡せました。宣伝では、大きな横断幕と3団体のノボリを掲げ、携帯ハンドで電機・情報ユニオン米田委員長と「東芝の会」の海老根・塩田さんがそれぞれ「雇用と労働条件を守れ、分社後のリストラ不安をなくせ」と訴えました。

日立SSと第1回団体交渉を行なう】

 12月27日(水)、東京都内の会議室で日立ソリューションズ・サービス(日立SS)に対して、Aさんのパワハラの即刻停止と職場環境の改善を求める第1回団体交渉をAさん、米田徳治中央執行委員長ら4人で行いました。

日立オートモーティブシステム宣伝】

 12月21日 帰宅時間帯に日立オートモーティブシステムの門前で群馬県労会議、伊勢崎佐波地区労、電機・情報ユニオン群馬支部の4人で「18春闘アンケート葉書」、「電機産業政策リーフレット」、「日立懇談会ビラ」の3種類をセットして配布しました。

 ハンドマイク宣伝でしたが一斉定時日ではなく多くの人が残業しているようで配布枚数は50枚でした。残業が日常化しているようです。受け取ってくれる人からはご苦労さんの声もありました。

「三菱電機情総研で、宣伝配布】

 12月21日(木) 7時30分から8時30分の出勤時、三菱電機情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)の門前で、「電機情報産業政策リーフレット」と「18年春闘要求アンケート葉書」をセットにして配布しました。

電機・情報ユニオンの森英一書記長と三菱電機OBは、電機産業政策リーフレットの内容紹介と春闘アンケートへの協力をハンドマイクで呼びかけました。

【ルネサス高崎「18春闘アンケート葉書宣伝」】

 12月13日退勤時間帯に、ルネサス高崎工場門前で群馬県労会議、ユニオン群馬支部、沖電気の職場を明るくする会、地域の応援7人で元気に「18春闘アンケート葉書」と「電機産業政策リーフレット」配布を行いました。前橋では雪がちらついたという風の中、マイクを握る手もかじかむ寒さでしたが、配布枚数は200枚でした。

 ビラを取ったルネサス労働者からは「寒い中ご苦労さん」の声もあり、高崎駅への送迎バス2台も満員で遠距離配転で来ている人たちも頑張っているなと感じました。

【ソシオネクスト本社で、340セットを手渡す】

 12月14日(木)、ソシオネクソト本社(新横浜)の社前で「電機情報産業政策リーフレット」と「18年春闘要求アンケート葉書」を340セット配布しました。

 神奈川電機懇の今井節生代表は、38万人を超える電機大リストラの概要を紹介し、「困ったら電機・情報ユニオンに相談を」と、春闘アンケートの活用内容を報告して春闘アンケートへの協力を携帯マイクで呼びかけました。

【GEヘルスケアジャパン「リストラアンケート配布」】

 12月13日(水)7時40分から9時30分迄、GEヘルスケアジャパン(日野市)に出勤する労働者に対して3カ所で電機・情報ユニオン東京支部は東京電機懇と共同して「リストラアンケート」を返信用封筒に同封して、日野労連役員の支援を含め9人の参加で282手渡すことができました。電機・情報ユニオンの米田委員長は携帯ハンドで「安心して働き続けられる様に頑張りましょう。お渡ししているアンケートにご協力ください」と訴え、行動に参加した人たちも声をかけながら元気に配り、春闘アンケート葉書よりも多い受け取りとなりました。

【シャープ亀山「18春闘アンケート葉書配布」】

 12月11日(月)17時から18時迄シャープ亀山工場の退勤する労働者に対して電機・情報ユニオン愛知支部と電機懇は共同して「18春闘アンケート葉書」と「電機産業政策リーフレット」を8人で300セット手渡すことができました。寒波がきていて寒い日でしたが、「お疲れ様です。電機・情報ユニオンです。アンケートにご協力ください」と声をかけながら、元気に配りました。

【東芝テリーで「18春闘アンケート葉書配布」】

 12月13日(水)7時30分から8時40分、東芝テリー(日野市)前で「18春闘アンケート葉書」、「電機産業政策リーフレット」をセットして配布し、宣伝行動参加者から「おはようございます。春闘アンケートをお渡しています」と声が掛け、電機・情報ユニオンから2人の参加で、60セットを手渡しました。

【ルネサス本社で「18春闘アンケート葉書宣伝」】

 12月7日(木)8時から8時55分、歩道には電機・情報ユニオン、ルネサス懇と東京電機懇のぼりを掲げ、ルネサス本社に向かう地下鉄の出口前で「18春闘アンケート葉書」、「電機産業政策リーフレット」と「ルネサス争議ビラ」をセットして配布し、米田委員長が携帯ハンドで訴え、宣伝行動参加者から「おはようございます。春闘ビラをお渡しています」と声が掛け、支援団体の協力を受け10数人の参加で、248セットを手渡しました。

 引き続き行われた「全労連・東京地評争議支援総行動」のルネサスエレクトロニクス宣伝の内容がYoutubeにアップされました。内容は<こちら>。

【日立アプライアンス青梅工場「18春闘アンケート葉書宣伝」】

 12月11日(月)7時30分から8時30分まで日立アプライアンス青梅工場門前で、「18春闘アンケート葉書」、「電機産業政策リーフレット」と「日立懇全社ビラ」224号をセットして配布宣伝をしました。行動には電機・情報ユニオンと東京電機懇から4人が参加し、門前に電機・情報ユニオンの旗を掲げ、「春闘アンケート葉書です」と声を掛けながら82セットを手渡しました。

 宣伝行動を終え帰りに、閉鎖した東芝青梅工場に立ち寄ったところ、建物はすべて解体され更地となり、改めてその広大さを実感すると共に、工場を売却し労働者を追い出した経営者に怒りが湧いてきました。

 

【売却不安が高まるNEC相模原で配布!】

 12月6日(水)、相模労連の支援を受けてNEC相模原事業場と最寄駅・南橋本駅で、「電機情報産業政策リーフレット」と「18年春闘要求アンケート葉書」をセットにして配布しました。NEC相模原事業場に本社をおくNECエナジーデバイスを、民営投資会社GSRキャピタルに譲渡することが12月4日に発表され、雇用への不安が高まっています。

 南橋本駅では、神奈川電機懇の今井節生代表が携帯マイクで、38万人を超える電機大リストラの概要を紹介し「困ったら電機・情報ユニオンに相談を」と呼びかけて配布しました。

NECネッツエスアイ本社前「18春闘アンケート葉書宣伝」】

 

12月4日(月)7時30分から9時10分迄、飯田橋のNECネッツエスアイ本社前で電機・情報ユニオン東京と東京電機懇は共同して「18春闘アンケート葉書」と「電機産業政策リーフレット」を5人で191セット手渡すことができました。  東京電機懇、ユニオンのぼりを掲げ、携帯ハンドマイクで「お早うございます」「春闘アンケートです」「電機産業の政策リーフです」「是非、受け取ってください」と訴え、「18春闘アンケート葉書」と「電機産業政策リーフレット」のセットを差し出すと、寒い中、コートからそっと手を出して受け取る人も多く、「ありがとうございます」とお礼言って元気よく頑張りました

【NECソリューションイノベータ「18春闘アンケートはがき」宣伝】

  12月1日(金)7時45分から9時迄、新木場のNECソリューションイノベータ本社前で電機・情報ユニオン東京と東京電機懇は共同して「18春闘アンケート葉書」「電機産業政策リーフレット」を7人で277セット手渡すことができました。

 出勤のピークを向かえる頃から小雨が降る悪天候になりましたが、東京電機懇、電機情報ユニオンの「のぼり」を掲げ、「お早うございます」「春闘アンケートです」「電機産業の政策リーフです」と元気に声をかけると手を出して受け取ってくれる人もいて励まされました。

 

GEヘルスケアで「18春闘アンケート葉書配布」

 12月1日(金)7時30分から9時迄、GEヘルスケアジャパン(日野市)の2ヶ所で電機・情報ユニオンと電機懇から4人が参加し、ノボリを掲げて「18春闘アンケート葉書」と「電機産業政策リーフレット」をセットして232枚手渡す事が出来ました。以前に比べると出勤する労働者が少なくなっていました。

 

【東芝半導体システム技術センターで「18春闘アンケート葉書配布」】

 

 11月30日木7時40分から9時、東芝半導体システム技術センターの出勤時に東芝の職場を明るくする会(東芝の会)、神奈川電機懇の6名が参加して、横断幕とノボリを掲げて「東芝の会11月号ビラ」、「18春闘アンケート葉書」と「電機産業政策リーフレット」をセットして290枚を手渡すことが出来ました。 

【日立国際電気で「18春闘アンケート葉書宣伝」】

11月29日(水)16時50分より18時まで日立国際電気・東京事業所二か所の門前で「18春闘アンケート葉書」、「電機産業政策リーフレット」と「日立懇全社ビラ」224号をセットして配布しました。正門には電機・情報ユニオン、日立懇と東京電機懇のぼりを掲げ、米田委員長が携帯ハンドで「大企業では製品・品質データ改ざんや不正会計など法令違反が横行していますが、そのしわ寄せを労働者に掛けることは許せません」、「春闘の生活改善要求アンケートと共に電機産業政策についてのご意見も是非お寄せ下さい」と訴え、多くの労働者から「ご苦労さま」と声が掛けられました。この行動には東京電機懇と電機・情報ユニオンから8人が参加し、219セットのビラを手渡しました。

【日立CMで「18春闘アンケート葉書配布】

 11月30日(水)7時55分から8時35分まで、初めて取り組んだ日立愛宕別館前(東京・虎の門)で電機・情報ユニオンと東京電機懇は共同して「18春闘アンケート葉書」と「電機産業政策リーフレット」、「日立懇全社ビラ」224号セットして8人が参加して用意した250枚手渡せました。受け取りは良くて、出勤する労働者が多くなる時間帯の前に終了となりました。

【パナ・富士通で「18春闘アンケート葉書配布」】

 11月29日(水)7時45分から8時55分、パナソニックと富士通の出勤する労働者に向けて、2ヶ所で電機・情報ユニオン東京、東京電機懇は共同して「18春闘アンケート葉書」・「電機産業政策リーフレット」を9名が参加して215セットを手渡すことが出来ました。

 米田委員長が携帯ハンドマイクで「パナソニックは14万人も人減らしされた。18春闘準備の為アンケート葉書と電機産業政策リーフレットを配布している」と訴えました。

 

 

これ以前は<こちら>を参照ください。

このページは電機・情報ユニオン中央本部が管理しています